IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

日本におけるガソリン車の製造は禁止すべきだ。

日本におけるガソリン車の製造は禁止すべきだ。


日本におけるガソリン車の製造は禁止すべきだ。

日本は邪悪で汚い。(私には、ドイツを支持するつもりは毛頭ない。)
日本は、NGOを悪用し、市場に介入し、市場をゆがめて続けている。
日本は「ガソリンエンジンの自動車は世界中で廃止されるべきだ」と主張している。
だから、日本は、ガソリンエンジンの自動車を日本で作ってはならない。
日本の自動車メーカーが、日本でガソリンエンジンの自動車を作るのは間違いだ。

米国は、米国で軽自動車を作り、それらの軽自動車を米国から全世界へ輸出する。


日本は、「東京では電気自動車のみ走れる」と言う法律を作るべきだ。日本は、ガソリン自動車が東京で走ることを禁止すべきだ。
そして、だから、もちろん、日本におけるガソリンエンジン自動車の製造も禁止されるべきだ。
日本が、環境汚染物質(それは、ガソリンエンジンの自動車と呼ばれている)を輸出するのは、間違いである。


日本は、ガソリン自動車が東京で走ることを禁止すべきだ。
日本におけるガソリンエンジン自動車の製造は禁止されるべきだ。
日本の自動車メーカーが、ガソリンエンジンの自動車を作ることを禁止すべきだ。
日本がガソリンエンジンの自動車を輸出することは、禁止されるべきだ。
日本がガソリンエンジンの自動車の部品を輸出することは、禁止されるべきだ。


ドイツは、ガソリン自動車がドイツで走ることを禁止すべきだ。
ドイツにおけるガソリンエンジン自動車の製造は禁止されるべきだ。
ドイツの自動車メーカーが、ガソリンエンジンの自動車を作ることを禁止すべきだ。
ドイツがガソリンエンジンの自動車を輸出することは、禁止されるべきだ。
ドイツがガソリンエンジンの自動車の部品を輸出することは、禁止されるべきだ。


[1]
[Quartz]August 7, 2018
9カ国が「内燃機関を廃止する」と言っているが、これまでのところ実現はしていない。
https://qz.com/1341155/nine-countries-say-they-will-ban-internal-combustion-engines-none-have-a-law-to-do-so/
内燃機関は、もう最後を迎えそうに見える。
9カ国以上の国そして1ダースの都市が、この数年で、メディアの言うところの「禁止」を打ち出している。

これらのコミットメントにもかかわらず、どの国も、まだ、何かを禁止する法案を一切通してはいない。
そもそも、このコミットメント自体が、「何らかの技術ができたら、準備をしろ」、と言っているに過ぎないからだ。


[Nikkei]December 05, 2018
トヨタは、ドイツの反ディーゼル運動NGOに対する援助を打ち切る
https://asia.nikkei.com/Business/Companies/Toyota-withdraws-support-for-German-anti-diesel-group
NGOに資金援助していたことで、トヨタは政治的攻撃の標的となった。
「長いこと支援してきた環境活動グループへのサポートを打ち切る」とトヨタは発表した。
「この環境活動グループはドイツの自動車産業にダメージを与えている」と、政治家は主張している。
トヨタは、約20年にわたり、ドイツの環境保護団体Environmental Action Germany(EAG)に、資金援助してきた。
この団体は、ドイツの諸都市において、裁判をいくつも起こし、「排気ガス規制基準により都市の中心部からディーゼル車を排除すること」に成功した。

トヨタ環境保護NGOとの関係を利用し、よりディーゼル車に依存しているドイツの自動車メーカーに対し、トヨタハイブリッドカーに競争力を持たせた」
という批判があることを、日経が記事にすると、
その翌日に、
トヨタドイツは、「EAGとの全てのプロジェクト協力事業(課題解決型の協力)を12月31日までに辞める」ことを認めた。