IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ラルフネーダー

ラルフネーダー

ラルフネーダー


[1]
[Wikipedia]
バーニーサンダース
https://en.wikipedia.org/wiki/Bernie_Sanders
バーニーサンダース(1941年9月8日生まれ)は、米国の政治家であり、バーモント州上院議員を2007年から続けている。
無所属独立系としては歴史上最も長く議員を続けていらっしゃり、1990年に下院議員に選出された。
民主党の党員集会にも参加しており、議会の委員会に参加資格を得ている。彼の貢献により民主党が議会で多数派となった。
人生
サンダースの兄ラリーは、イギリス在住。緑の党に所属し、州の議員をしていた。
2013年に引退するまで、オックスフォードシャー州東オックスフォード地区を代表する議員であった。
2015年に、オックスフォードウエストおよびアビンドン地区で立候補し、イギリス下院に立候補し当選した。
サンダースは「兄に大きく負うところが大きい。兄に啓発されたアイデアも多い」


[Wikipedia]
米国グリーンパーティー米国緑の党
https://en.wikipedia.org/wiki/Green_Party_of_the_United_States
米国緑の党GPUSは、米国の政党の一つである。この党は、緑の政策といわれる一連の政策をとる。
それらは、環境政策・非暴力主義・社会正義・一般参加型民主主義・草の根運動民主主義・男女の平等・LGBTの権利・反戦反人種差別、と言った政策である。
政治的スペクトルでは、米国グリーンパーティーは一般に、左翼とみなされている。
米国緑の党(GPUS)は、2000年の大統領選挙のときに衆目を集めた。ラルフネーダーとWinona LaDukeのコンビが、一般投票で2.7%の得票を得たからだ。

イデオロギー
GPUSは、緑の政策の理想にしたがっている。それは4つの支柱(エコロジカルな知恵・社会正義・草の根運動民主主義・非暴力)に基づいている。
以下の通りの10個のキーとなる価値基準を持っている。
1.草の根運動の民主主義
2.社会正義および平等な機会
3.エコロジカルな知恵
4.非暴力
5.非中央集権化。中央集権を打破する
6.「住民自治・地域社会に根ざした経済の確立」および「住民自治・地域社会に根ざした経済的正義」
7.フェミニズムおよびジェンダー間の平等
8.多様性の尊重
9.個人的な責任および世界的な責任
10.将来的な視点および持続可能性


[Wikipedia]
ラルフネーダー
https://en.wikipedia.org/wiki/Ralph_Nader
ラルフネーダー(1934年2月27日生まれ)は、米国の政治的活動家・著作者・後援者・弁護士であり、
消費者保護・環境政策・政府改革訴訟への関与で有名である。
「どんな速度であれ危険Unsafe at Any Speed」を出版したあと、
「ネーダーのレイダーたち」と言う法学部学生のボランティアグループを率い「連邦取引委員会」に対する画期的な調査をし、「連邦取引委員会」を徹底的に調査し改革した。
1970年代には、増大しつつある自身の知名度を活用し、多くの権利擁護団体および政府監視グループを作り上げた。
それらには、「市民の利益を研究するグループPublic Interest Research Group」「自動車安全センター」「パブリック市民Public Citizen」などが含まれる。

ラルフネーダーの行動が正しいことは、いくつかのランドマーク的な米国で立法された法律を見れば分かる。
ラルフネーダーにより立法された法律には、
「水質浄化法Clean Water Act」
「米国情報公開法 Freedom of Information Act」
「 米国消費者製品安全法Consumer Product Safety Act」
「連邦海外腐敗行為防止法Foreign Corrupt Practices Act」
公益通報者保護法Whistleblower Protection Act」
「交通安全自動車安全法National Traffic and Motor Vehicle Safety Act」
などがある。

ラルフネーダーは、ライフマガジン・タイム・アトランティックなどで、最も影響力のある米国人100人に、何度も選ばれている。
ハーバード大学が設立した、ジャーナリストに送られる賞である、”Nieman Fellowship”を2度も受賞している。
2ダース以上の本の共著者であり、ラルフネーダーを描いた映画”An Unreasonable Man”も作られ、2006年サンダンス映画祭にもデビューした。

経歴
大統領選挙
1996年
1996年ラルフネーダーは緑の党から大統領候補として立候補した。
米国緑の党は、当時、緑の党のグループの中では最大の党である。
ラルフネーダーは緑の党から正式に公認されたわけではなかった。
各州の緑の党が独自に、ラルフネーダーをノミネートしたのだ。いくつかの州では、緑の党ではなく独立候補として立候補している。
しかし、GPUSの多くの活動家が、ラルフネーダーのためにキャンペーンをした。

2000年
ラルフネーダーは、彼の主張する市民の利益が、ワシントンDCの政治家たちに聞き入れられないことを、2006年のドキュメンタリー映画「An Unreasonable Man」で描写した。
クリントン政権ですら聞き入れなかったのだ。
これこそが、彼が2000年に緑の党の候補者として立候補した大きな理由である。


[Wikipedia]
パブリック・シチズンPublic Citizen
https://en.wikipedia.org/wiki/Public_Citizen
1971年にラルフネーダーにより米国に設立される。
パブリック・シチズンPublic Citizenは、非営利の、リベラル・革新系の消費者の権利を守るグループおよびシンクタンクであり、ワシントンDCに本部を持ち、テキサス州オースティンに支部がある。
ロビー活動
合衆国連邦政府の行政・司法・立法全てに対し、市民の権利を主張する。
パブリック・シチズンPublic Citizenには5つの部門があり、議会監視・エネルギー・世界貿易監視・ヘルス研究グループ・パブリックシチズン訴訟グループである。
公共の利益のために働くことで有名な法律事務所であり、Alan Morrison により設立された。最高裁での裁判や控訴で有名である。


[パブリック・シチズンPublic Citizen]
健康・安全・民主主義を守る
https://www.citizen.org/our-work/globalization-and-trade
パブリック・シチズンPublic Citizenについて
企業はロビイストをワシントンDCに雇っている。我々市民にも、意見を代弁してくれる存在が必要だ。
パブリック・シチズンPublic Citizenは、消費者の利益を代弁する非営利の市民団体であり、権力者が物事を決定する場所に割り込み、市民の利益を最優先する-それはあなたがたの利益だ-。
1971年の設立以来、我々は、民主主義を守り、企業の力に抵抗し、政府が大企業のためではなく市民のために働くように、行動してきた。
我々は党派対立の政治活動には参加しないし、選出された公職者を公認したりもしない。
我々は政府や企業のカネは受け取らない。

[アイズ・オン・トレードEyes on Trade]
グローバリゼーションおよび貿易についてのパブリックな市民のブログ
https://citizen.typepad.com/eyesontrade/
世界の貿易を監視