IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

人権および自然権が、アメリカでの最高の権力である。

人権および自然権が、アメリカでの最高の権力である。

人権および自然権が、アメリカでの最高の権力である。
いかなる州も人権および自然権を侵害してはならない。
連邦政府も人権および自然権を侵害してはならない。

あなた方は嘘をついている。
レンキスト法廷(レンキスト・コート)は、単に、連邦主義を悪用し、人権侵害をし自然権を侵害しただけだ。

州政府か連邦政府か、の問題ではない。
あなた方は、米市民をミスリードしている。
州であることは、保守を意味しない。
連邦政府であることは革新を意味しない。

米国は、ロナルドレーガン以降よくない方向へ大きく変化してしまった。
アメリカ合衆国では、ロナルドレーガンサッチャーは、断じて保守ではない。
アメリカ合衆国では、ロナルドレーガンサッチャーは、単なる突然変異のエイリアンだ。
アメリカ合衆国では、ロナルドレーガンは、ただのゴミクズだ。

[1]
[Wikipedia]
米国最高裁判所
https://en.wikipedia.org/wiki/Supreme_Court_of_the_United_States
構成方法:大統領が指名し議会が承認する
連邦制定法によると、最高裁判所は通常、最高裁判所長官および8名の裁判官から構成される。そして、これらは大統領が指名し議会が承認する。
一度任命されると裁判官は終身制であり、辞任するか・引退するか・解任されるまで続く。
各裁判官は、判決を出す前の議論するときに一人一票しか持っておらず、最高裁判所長官の一票もそれ以上の重みは持たない。

[Wikipedia]
アールウォーレン
https://en.wikipedia.org/wiki/Earl_Warren
米国最高裁判所第14代長官
在任:1953年10月5日-1969年6月23日
アイゼンハワー大統領による任命
アールウォーレン(1891年3月19日-1974年7月9日)は、米国の法律家および政治家で、米国最高裁判所第14代長官(1953年-1969年)を務めた。
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)は、ウォーレンがランドマークとなる裁判で主要な見解を述べ、憲法法学において大きな変換をもたらした。
例えば、ブラウン対教育委員会裁判・レイノルズ対シムス裁判・ミランダ対アリゾナ裁判などである。
ウォーレンは1952年の大統領選挙で共和党の指名を得ようとしたが、共和党はドワイトアイゼンハワーを指名した。
アイゼンハワーが大統領になった後、ウォーレンは最高裁判所長官に任命された。
ウォーレンは、「公立学校において人種的に分けることは反憲法的である」と言う判決を出した、ブラウン対教育委員会裁判において、全会一致の判決を出すことに助力した。
ブラウン対教育委員会裁判のあとウォーレン法廷は、南部において優勢であった人種的分離主義であるジムクロウ法を終わらせることに助力した。
アトランタモーテル裁判においてウォーレン法廷は、1964年の Civil Rights Actを支持した。この法律は、公的機関および公的施設において人種的に分離することを禁止する連邦法であった。
1960年代、ウォーレン法廷は、刑事事件における手続き・選挙の区割り・その他の分野において、いくつかのランドマークとなる判決を出した。
ウォーレン法廷の判決は、憲法修正条項(米国人権宣言)を含み取り入れたもので、憲法修正条項(米国人権宣言)の保護規定を州政府および市町村にまで拡張したものである。
ギデオン対ウェインライト裁判では、刑事事件の被告は重罪の場合弁護士をつけられる権利があるということを確立した。
ミランダ対アリゾナ裁判では、警察官に対し、容疑者を勾留するときにはミランダ警告を出すことを義務付けた。
グリズウォルド対コネチカット裁判では、州法が避妊薬を入手することを制限していることは違憲だとし、また、憲法におけるプライバシーの権利を確立した。

[Wikipedia]
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)
https://en.wikipedia.org/wiki/Warren_Court
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)とは、最高裁判所の歴史においてアールウォーレンが最高裁判所長官を務めていた期間をさす。
ウォーレンはリベラル派を率い、法律の力を劇的な形で活用し、対立する保守派を恐怖のどん底に叩き落した。
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)は、市民の権利・市民の自由・法律の力・連邦政府の力を、劇的な形で拡張した。
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)は、米国における人種の分離政策に終焉をもたらしたことで、賞賛と批判の両方を受けている。
ここでウォーレン法廷(ウォーレン・コート)は、例えば憲法修正第14条適法手続を保障する項などの憲法修正条項(米国人権宣言)を含み取り入れている。
公立学校で自発的にお祈りをすることを禁じていた法律も終了させた。
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)の時代は、司法が最もすばらしかった時代であり、その後は後退してしまった。が、今もって大きな影響力を保持している。
メンバー
ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)は、アイゼンハワー大統領が、カリフォルニア州現職知事であったアールウォーレンを、Fred Vinsonの代わりに、最高裁判所長官として任命したときに始まった。

[Wikipedia]
ウィリアムレンキスト
https://en.wikipedia.org/wiki/William_Rehnquist
米国最高裁判所第16代長官
在任:1986年9月25日-2005年9月3日
ロナルドレーガン大統領による任命
レンキストは保守派と考えられており、連邦主義を好んだ。これは、憲法修正第10条に基づくもので、権力を州政府に分散するというものである。
1986年にロナルドレーガン大統領がレンキストをWarren Burgerの後任として最高裁判所長官に任命し、レンキストは議会の承認を勝ち取った。

[Wikipedia]
レンキスト法廷(レンキスト・コート)
https://en.wikipedia.org/wiki/Rehnquist_Court
レンキスト法廷(レンキスト・コート)とは、ウィリアムレンキストが最高裁判所長官をやっていた1986年から2005年までの最高裁判所をさす。
一般に、レンキスト法廷(レンキスト・コート)は、前任のバーガー法廷(バーガー・コート)およびウォーレン法廷(ウォーレン・コート)よりもより保守的と考えられている。
Jeffrey Rosenによると、
「レンキストは持ち前の気立てのよさにより組織を作り上げる能力が高く、」
「レンキスト法廷(レンキスト・コート)は、ウォーレン法廷(ウォーレン・コート)が成し遂げたことのいくつかを阻止し、」
「米国民の感情に訴えかけた。」
John Jenkins伝記作家によると、「レンキストは最高裁判所を政治問題化し、最高裁判所および米国を右へと誘導した」
レンキスト法廷(レンキスト・コート)は、新連邦主義を掲げ、中央政府の権力を犠牲にし州へと力を誘導した。

[Wikipedia]
新連邦主義
https://en.wikipedia.org/wiki/New_Federalism
新連邦主義の主要な目的は、18世紀の連邦主義の政治哲学とは全く異なり、自治権および権力を州へと取り戻すことである。
これら自治権および権力は、フランクリンルーズベルトニューディール政策の結果連邦政府へと奪われたものである。


[2]
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制を採用しろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金本位制に戻れ!

アメリカの株価は、今すぐ暴落しろ!
S&Pは、今すぐ、300になるべきだ! Dowは、今すぐ、$3,000になるべきだ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、金融を引き締める政策をしろ!
だから、今すぐアメリカ合衆国は、ドル高にしろ!
アメリカ合衆国は、今すぐ、内需を縮小しろ!
今すぐ、アメリカ合衆国バブル経済は、クラッシュしろ!

オキュパイ・ウォール・ストリート
我々には、”オキュパイ・ウォール・ストリート”が必要だ!