IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

女性像は「古い君主制度」を倒したことをシンボル化したもの

フェミニンという女性像により抽象化して暗喩しているわけだが、
そのフェミニンという女性像により抽象化して暗喩しているものは、「国王により主導される古い君主制度」を倒したことをシンボル化したものである。
近代の共和国精神を表したものなのだ。


[1]
[Wikipedia]
マリアンヌ
https://en.wikipedia.org/wiki/Marianne
マリアンヌは、フランス共和国のシンボルであり自由と理性の擬人化であり、自由の女神を描写したものである。

歴史
古代ギリシャ・ローマ時代、主義や概念を、神・女神・抽象化して暗喩した擬人化によりあらわすのが一般的であった。
フランス革命中の1789年に、”自由”と”理性”を抽象化して暗喩した擬人化が数多く現れた。
これら2つの象徴は、最終的に一つに統合される:女性像であり、座像だったり立像だったし、種々の属性がついていた。
例えば、隷従から自由への解放の象徴とされているフリジア帽をかぶっていたり、自由・平等・博愛を表す3色の花形帽章をかぶっていた。

この女性像は、典型的には、自由・理性・国・共和国の市民的価値基準を象徴している。
(”世界を照らす自由の像”として作られた”自由の女神像”と比べてみよ。世界を照らす自由の像はフランスの芸術家Frederic Auguste Bartholdiにより作られ、パリおよびサンテティエンヌにもコピーがある)

フェミニンという女性像により抽象化して暗喩しているわけだが、
そのフェミニンという女性像により抽象化して暗喩しているものは、「国王により主導される古い君主制度」を倒したことをシンボル化したものである。
近代の共和国精神を表したものなのだ。

フランス革命以前にも、フランス王国は擬人化されていたが、それは筋肉隆々とした男の像としてであった。
これら筋肉隆々とした男の像はベルサイユ宮殿の天井に描かれている。

この象徴を用いることは、最初は、オフィシャルなものではなく、さまざまなものがあった。
自由および共和国を抽象化して暗喩したものには、Eugene Delacroixの絵画「民衆を導く自由の女神」がある。
ランス7月革命(1830年7月の栄光の3日間)を記念してかかれたものである。


[2]
[Wikipedia]
民衆を導く自由の女神
https://en.wikipedia.org/wiki/Liberty_Leading_the_People
民衆を導く自由の女神」は、1830年ランス7月革命を記念し、Eugene Delacroixにより描かれたものである。この革命では、フランス国王シャルル10世が倒された。

フリジア帽をかぶり人々とともにある女性は”自由”の概念を擬人化したものであり、
人々を率い、倒れた死体やバリケードを乗り越え、
片手にはフランス革命の旗(トリコロール=三色旗)を掲げ、もう一方の手には銃剣付マスケット銃を掲げている。
これらの革命のあと、フランス革命の旗(トリコロール=三色旗)は、再びフランスの国旗となった。

この自由をかたどった図は、フランスの象徴およびフランス共和国の象徴であるマリアンヌとも成っている。

この絵に触発されて、Frederic Auguste Bartholdiは、ニューヨークにある”自由の女神像”として知られる”世界を照らす自由の像”を作った。
このニューヨークにある”自由の女神像”として知られる”世界を照らす自由の像”は、「民衆を導く自由の女神」が描かれた半世紀後に、フランスから米国へ寄贈された。

批評
民衆を導く自由の女神」は、共和国の象徴と考えられている。
民衆を導く自由の女神」は、反君主制の象徴と考えられている。
したがって、王党派や君主主義者に批判されることがある。