IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米国アンチトラスト法

米国アンチトラスト法

あなた方は、米国共和党の伝統を知らない。
あなた方は、アールウォーレンを知らないし、ジョンシャーマンも知らない。
あなた方は、米国共和党のメンバーではない。


[1]
[Wikipedia]
米国アンチトラスト法
https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_antitrust_law
米国アンチトラスト法とは、ビジネスをする企業の行動や組織を規制する一連の連邦法および州法を指す。一般には、消費者の利益のために公正な競争をそくすためである。
(この概念は、英語圏では、競争法と呼ばれる)

メインの法律は、シャーマン法1890・クレイトン法1914・連邦取引委員会法1914である。

まず第1に、これらの法律は、カルテルの形成を禁止し、商取引を阻害するとみなされるその他の共謀を禁止している。
第2に、競争を極端に減少させるであろう合併および他組織の獲得、を制限する。
第3に、独占状態を作ることを禁じており、独占力の悪用も禁じている。
連邦取引委員会・司法省・州政府および被害をこうむった民間団体が、アンチトラスト法で裁判を起こし訴えることができる。

アンチトラスト法の範囲・企業の契約の自由への介入度合い・小規模事業者保護・コミュニティー保護・消費者保護の度合いについてはいろいろと議論されている最中である。

1 歴史
1880年代および1890年代に、多数の巨大な製造業のコングロマリットが形成され、それらは過度の経済力を持った。
州際通商法1887年は、巨大ビジネスの規制を州ではなく連邦政府がするようになった契機である。
その後、シャーマン法1890・クレイトン法1914・連邦取引委員会法1914・ロビンソンパットマン法1936・セラーキーフォーヴァー法1950ができた。

この時点で、数百の小さな短距離の鉄道会社は、買収され一つの巨大なシステムに組み込まれていった。(鉄道および銀行や保険会社といった金融に関し、個別の法律や政策が誕生した)
強力なアンチトラスト法を望む人々は、「米経済が成功するためには、自由な競争が必要であり、米国人個々人それぞれが自営業者になる機会を与えられるべきだ」と考えた。

上院議員ジョンシャーマンが言ったように「”政治権力としての国王と言う存在には我慢がならない”と我々は考えた。だったら、いかなる生活必需品の生産・輸送・販売においても、国王と言う存在を許してはならない」

1890年に議会は、シャーマンアンチトラスト法をほぼ全会一致で通過させた。この法律は今でもアンチトラスト政策の根幹を成している。
”商取引を制限する合意”および”独占力を行使すること”を、この法律は禁じている。
革新の時代(Progressive Era)における公務員は、彼らのアジェンダ(検討課題、行動計画)において、アンチトラスト法を通過させ強制することに、強い優先順位をおいていた。
セオドアルーズベルト大統領は、シャーマン法に基づいて、45の企業を起訴した。ウィリアムタフト大統領は75の企業を起訴した。

1914年に、議会はクレイトン法を通過させた。この法律は、競争を極端に減少させる特定のビジネスの行動(例えば価格差別や抱き合わせ商法)を禁じている。

2 カルテルおよび談合
商取引を制限してしまう行動であるカルテルおよび談合を阻止することは、アンチトラスト法の本質的な仕事である。
「各企業体は、市場で独立に行動する義務があり、そして、競合相手よりもよりよい価格でよい商品を提供することで独立に利益を上げるべきだ」、と言う考えが根底にある。
シャーマン法セクション1には、「”商取引を制限する、全ての、契約・トラストその他の形態を組み合わせ・陰謀”を禁ずる」、とある。

2.1 制限的慣行
いくつかの慣行は裁判所により明らかに有害とみなされており、それらの行動は法により認められてはいない、あるいは、それ自体違法と自動的に分類されている。
これの最も単純で中心的な例は、価格操作である。
これには、事業者が合意をし、他社と売買するモノやサービスの販売価格や報酬をある特定のレベルに操作することを含む。
もしもこの合意が恒常的なものならば、カルテルと呼ばれる。

2.2 合理の原理
もしもアンチトラストの主張が「行為の目的や影響によらずそれ自体が当然に違法である」ということにならない場合には、
起訴人は、シャーマン法セクション1に「制限が加えられたビジネスに固有の事実」とあるように、「商取引を制限した」ことでその行動が害を与えたことを示さなくてはならない。
2.3 暗黙の共謀および寡占
2.4 垂直的制限

3 合併
シャーマン法1890は、当初、カルテルおよび独占を扱ったが、それらの間にはギャップがあると認識されていた。
(ここで、カルテルとは”事業者が活動を共謀し他者に不利益を及ぼすこと”であり、独占とは”一つの事業体があまりの巨大なので、単独で他者に不利益を及ぼすこと”である)
カルテルを組む代わりに、事業者は単純に一つの企業に合併することを選択することもできた。
1895年から1904年までは、”大きな合併のムーブメント”が見られた。競合会社がより巨大な企業に結合する動きがあったのだ。
しかしながら、シャーマン法の文字面を見る限り、独占が形成されるまでは、なんら対策を採ることは許可されていない。
クレイトン法1914は、このギャップを埋めるために、「もしもこれから行われるであろう合併が”競争を深刻に阻害するものならば”司法機関にその合併をそもそも阻止できる権限を与えたもの」である。
3.1 水平合併
3.2 垂直合併
3.3 コングロマリット合併

4 独占と独占力
独占に対する取り扱いは、アンチトラスト法の分野においては、潜在的に最も厳しいものである。
司法機関が、巨大な組織に対し、
解体を命じることができ、人権などの市民の権利を守るよう強制することができ、巨大なペナルティを課すことができ、関係者を刑務所に送ることができる。
シャーマン法1890のセクション2では、「複数の州において、商取引の一部でも、独占をするものあるいは試みるものは、」全てこの法律に違反したことになる、とある。

歴史的に、市場を独占する力に対し、司法の救済力が及ばなかった場合、
州政府および連邦政府は、それでも、その事業を公営化したり、その産業をその分野固有の規制の元に置くことで、介入してきた。
(例えば、水道事業や教育やエネルギーやヘルスケアなどの分野では良く行われている)
4.1 独占
4.2 排他的取引
4.3 価格差別
4.4 ボトルネック構造の産業において不可欠施設を押える行為
4.6 略奪的価格設定
理論的には、現在激しく論争中ではあるが、
巨額の資金の余裕があり巨額の融資も受けられる大企業が、商品やサービスを一時的に赤字で売ることにより、より小さい競合他社を市場から追い出すことを言う。
競争がなくなれば、その産業を自由に整理でき、自分が望む価格を課すことができる。

基盤整備にサンクコストとして知られる巨額の先行投資などが必要とされるような高い参入障壁、または、流通・顧客・卸売との排他的合意が必要とされるような高い参入障壁は、
新規の競争者が市場に参入するのを困難にしている。
そして、もしも誰かが参入しても、
企業合同トラストは、
新規参入者をカネで買収するか、あるいは、自身の調査に基づいて新規参入者を追い出すのに十分な略奪的価格設定をもう一度設定する、
ための時間も十分にありその事前警告も十分に受けている。


5 アンチトラスト法の範囲
5.1 団結行動Collective actions
第一に、クレイトン法1914のセクション6により、労働組合を作るために被雇用者が合意することに対し、適用されるアンチトラスト法は存在しない。
この法は「労働者は売買品でもなければ商取引商品でもない」と定義しているので、労働者にとっての「権利章典・米国人権宣言」とみさなれている。

この目的は、
「不平等で不利な交渉力しか持たない被雇用者が、雇用側の企業が企業同士結合するのと同じように、結合すること」が妨げられないようにすることである。
クレイトン法は企業の合併を制限はしている。

7 理論
最高裁判所は、シャーマン法を「自由の憲章」とよんでおり、米国の自由な企業家精神を守るためにデザインされたと考えている。
例えばダグラス判事により主張された、この法律の立法の目的は、単に消費者を守るというだけではなく、少なくともそれと同様に重要なことは、市場を制御しようとする力の行使を禁じたこと、である。

「巨大だ」と言うこと自体が問題なのである。ルイス・ブランダイス最高裁判所判事が言ったように、今後この教訓を心に焼き付けておくべきだったのだ。
巨大なことの呪いは、産業的にも社会的にも、巨大さが脅威となりえると言うことを示している。
巨大なことは、産業界の脅威となりえる。なぜなら、現在の競合者および将来の競合者に対し、トータルとして大きな不平等をもたらすからだ。
巨大なことは、社会の脅威となりえる。

シャーマン法の哲学は、巨大なものは存在してはいけないということ。
産業の力は、非中央集権化され分散されていないといけない。
多くの小さな手に分散されて保有されていないといけない。
そうすれば、人民の富は、「気まぐれや、思いつきや、政治的偏見や、自信過剰で自意識過剰な少数の人間の感情的起伏」に委ねられることがなくなるのだ。
これこそが、シャーマン法の哲学であり使命である。
権力の集中が害悪を産むことについての理論であり、したがって、「人民の人民による人民のための」のみが保有すべきなのだ。