IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

州際通商法 1887

州際通商法 1887


州際通商法 1887年
連邦通信委員会およびトランプは次の法律に反していると思う。


[1]
[Wikipedia]
州際通商法 1887年
https://en.wikipedia.org/wiki/Interstate_Commerce_Act_of_1887
州際通商法 1887年は、米国連邦法であり、鉄道産業の特に独占的慣行を規制するための法律である。
州際通商法1887は、鉄道の運賃が適正で公正であることを求める法律だが、特定の運賃を連邦政府が強制する権限は連邦政府には与えていない。
州際通商法1887により、州際通商委員会Interstate Commerce Commission (ICC)と呼ばれる、連邦政府の規制機関を設立した。
州際通商法1887は、ICCに、鉄道料金が新たな規制にしたがっているかを確認するという鉄道料金を監視する役割を担わせていた。
さらに、州際通商法1887は、鉄道会社が運賃を公表することを義務付け、鉄道会社が短距離客と長距離客を差別することも禁じた。
短距離客と長距離客を差別するというのは、小規模市場に対し価格差別をすることを禁じていると言う意味である。
特に、東部の州に対し、西部や南部の農家が小規模であったからだ。
その後、この法律は、他の形の運輸や商業活動についても規制するように改められた。

法律の背景
この法律は、運賃や鉄道会社の利益が、競争状態が存在するような値になるように、機能した。
運賃を公表させ、リベートや差別価格を違法とすることで、これを実現した。
(差別価格とは、例えば政治家・大口顧客・抜け目ない取引相手・長距離客・競争市場の顧客・閑散期の旅客などに対し、低運賃を提示することである)

この法律の法域
この法律により、州際通商委員会Interstate Commerce Commission (ICC)が設立された。これは米国政府初の独立規制機関である。
ICCの使命の一つに、不公正な慣行と闘うために、鉄道会社に対する苦情を聞き、停止通告書を出し、停止命令を出す、というものがある。


[2]
[Wikipedia]
州際通商委員会Interstate Commerce Commission (ICC)
https://en.wikipedia.org/wiki/Interstate_Commerce_Commission
州際通商委員会(Interstate Commerce Commission:ICC)は、米国の規制機関であり、州際通商法 1887年により設立された。
ICCの元々の目的は、
公正な料金を確かなものとし、価格差別をなくし、その他の通信事業者・一般運送業者を規制するために、
鉄道会社(後にトラック輸送も)を規制することである。
この規制の対象には、州間の(州と州を結ぶ)バスや、電話会社も含まれる。
議会は、1906年に始まった他の商業活動を規精するために、ICCの権限を拡大した。
ICCは1995年に廃止された。残った機能は、アメリカ陸上運輸委員会(Surface Transportation Board)に移された。

ICCの権限の拡大
1934年に、議会は、情報通信に関する規制の権限を、連邦通信委員会(Federal Communications Commission)に移管した。

運輸分野における、差別をなくすための人種統合
人種差別と言う問題は、ICCの主要な分野ではないが、乗客から苦情があった場合には、ICCも市民の権利の問題に関しては取り組まなくてはならない。
歴史
アフリカ系アメリカ人の市民権運動の年表