IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

ミランダ警告

ミランダ警告

ミランダ警告


[1]
[Wikipedia]
ミランダ警告
https://en.wikipedia.org/wiki/Miranda_warning
首席判事アールウォレンにより書かれたミランダ対アリゾナ州事件判決原稿

米国においてミランダ警告とは、
警察が犯罪容疑者を身柄拘束下(あるいは逮捕・勾留下)におくときに、犯罪容疑者に対し、黙秘の権利があることを伝える際に
慣習的に行われている告知の形である。

つまり、質問に答えることを拒否する権利、あるいは、捜査関係者やその他の公務員に、情報を提供することを拒否する権利、についての告知である。

これらの権利は、しばしば、ミランダ警告と呼ばれる。
この告知をする目的は、
「身柄拘束下(あるいは逮捕・勾留下)でなされた尋問の結果引き出された自白が、その後の裁判において採用できる・合法のものである」
ということを保障することである。

身柄を拘束され直接尋問されたり尋問と同等のことをされている人が、強制されて罪を認めさせられることは、その人の憲法修正第5条の権利を侵害している。
ミランダ警告は、こうした事態を防ぐために、捜査関係者が行うことを義務付けられている刑事訴訟規則である。

ミランダ対アリゾナ州事件(1966)では、最高裁判所は、
これらの権利を知らされずに、誘導尋問により容疑者が自分に不利な陳述をした場合、憲法修正5条および6条の弁護士を呼ぶ権利を侵害していると認めた。
そして州の法律にこれらの権利を組み込む判決を出した。

したがって、もしも法執行者が身柄拘束されている人に対しミランダ警告を出すことを拒否した場合、
法執行者は尋問をし、そして尋問から得た知見に基づいて行動するだろうが、
刑事裁判においてその自白を証拠として用いることはできない。

ミランダ警告の起こりとその後
ミランダ警告で保障されている権利は、ミランダ対アリゾナ州事件(1966)における最高裁判所の判決のあと法制化された。
ミランダ対アリゾナ州事件(1966)の最高裁判所判決では、アーネスト・ミランダの憲法修正第5条および6条の権利が、逮捕および裁判の最中に侵害されていたことが確認された。

この結果、ミランダ警告をすべき状態とはどういう状態か、例えば身体拘束と尋問について、が問題となった。
例えば、身柄拘束と尋問である。
身柄拘束とは、公式な逮捕または(それにある程度関係する)自由を奪われた状態、を意味する。
尋問とは、自分の罪を認めるような反応に誘導されるであろう、明白な質問や行動のことである。


ミランダ警告
全ての米国司法関係者は、逮捕されたるいは拘束された状態の人に対し、何を言うべきかを厳密に規則で決められている。
典型的な警告は次のことを述べる。
「あなたには、黙秘を続ける権利があり、質問に答えることを拒否する権利がある」
「あなたがしゃべったことは何であれ、裁判であなたに不利な証拠として使われる可能性がある」
「あなたには、警察で話をする前に弁護士に相談する権利があり、また、今後の警察から質問を受けるにあたり弁護士を同席させる権利がある」
「もしもあなたに弁護士を雇う金がないのなら、あなたが望むなら警察から質問を受ける前に弁護士をこちらで用意する」
「もしも今弁護士無しで質問に答える決心をしたとしても、いつでも、弁護士を呼ぶまで質問に答えることを途中でやめる権利がある」
「私が説明したこれらのあなたの権利を知り理解した上で、あなたは弁護士の同席無しで私の質問に答えますか?」

裁判所は、「ミランダ警告が”意味のあるものとせよ”」と定めた。
だから、被疑者が被疑者自信の権利をしっかり理解したかどうか、捜査する側が確認を取ることが常に要求される。

ときには、「はい。理解した」という、確実な返事が求められることもある。
いくつかの省および司法関係では、ミランダ警告を全部読み上げたあとに、「あなたはこれらを理解しましたか?と確認を取ることが要求される。

ミランダ警告では、これら厳密な言葉は求められていないが、警察は、被疑者に、以下のことを伝えなくてはならない。
1. 黙秘権がある
2. 何であれしゃべったことは、裁判で不利な証拠として扱うことが可能であり、また扱われるであろう
3. 質問の前および最中に、弁護士の同席を求める権利がある
4. 弁護士を雇う金がなければ、質問の前および最中に代弁する弁護士を公的費用により一人雇う権利があり、この費用を負担する必要もない。