IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米国憲法修正第5条

米国憲法修正第5条


米国憲法修正第5条


[1]
[Wikipedia]
米国憲法修正第5条
https://en.wikipedia.org/wiki/Fifth_Amendment_to_the_United_States_Constitution
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB)#修正第5条
米国憲法修正第5条は、権利章典・米国人権宣言(Bill of Rights)の一つであり、
犯罪事件において、自分自身の罪を認めることを強制されることを防ぐ(自白の強要を防ぐ)ための条文である。

したがって、憲法修正第5条の申し立て(黙秘権の行使)とは、
「”自分の罪を認めてしまうような返事を拒否できる権利”による保護を求める」
と言う意味である。そして一般に、この権利の行使しても罰されることはない。

この「自白という証拠の提供を拒否できる権利」は、
「被告が、彼自身が裁かれる裁判において、強制的に証人とされることはない」、
と言うことを保障している。

本文
1789年に議会により提案された憲法修正第5条は以下の通りである。
何人も、大陪審の告発または起訴によらなければ、死刑に相当する重罪、その他の破廉恥罪につき責を負わされることはない。
ただし、陸海軍、または戦時、もしくは公共の危険に際して現に軍務に服している民兵において生じた事件については、この限りではない。
何人も、同一の犯罪について、何度も裁かれて生命身体の危険にさらされることはない。
何人も、刑事事件において自己に不利な証人となることを強制されることはなく、また法の適正な手続きによらずに、生命、自由または財産を奪われることはない。
何人も、法に基づく適正な手続の保障なしに、正当な補償なしに、私有財産を公共の用のために徴収されることはない。