IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

米国憲法修正第6条

米国憲法修正第6条


米国憲法修正第6条


[1]
[Wikipedia]
米国憲法修正第6条
https://en.wikipedia.org/wiki/Sixth_Amendment_to_the_United_States_Constitution
米国憲法修正第6条は、米国人権宣言(権利の章典)の一つであり、刑事訴追に関する権利を明記したものである。
これは1791年に米国人権宣言(権利の章典)の一つとして批准された。
最高裁判所は、この修正6条による保護を、憲法修正第14条「法に基づく適正手続を保障する条項Due Process Clause」により、州に適用している。

米国憲法修正第6条は、刑事被告人に対し、「公平な陪審員団による迅速で公開された裁判」を受ける権利を保障している。
この陪審員団は、当該の犯罪が起きたであろうと予測される州および地域の陪審員で構成される。
公平な陪審員団を実現するために、陪審員は、普遍で公平でなくてはならない。また、陪審員団は横断的で多様性が確保され、母集団の標本となっていなければならない。

この陪審員裁判を受ける権利は、刑罰が懲役6ヶ月以上となる違法行為のものに限られる。
Barker v.Wingo(バーカー事件米連邦最高裁判決)では、最高裁は、
「被告の迅速な裁判を受ける権利が侵害されたかどうか」を判断するに当たって、種々の要素の重要性を考慮するテストであるbalancing testを明確にした。
そして、「どんな遅れであれ1年以上の遅れは、(絶対ではないが)恐らくは公平性を損なう」、と判決した。

米国憲法修正第6条は、被告には、被告が告訴された告訴の本質および理由を知らせることを要求する。
米国憲法修正第6条の、 Confrontation Clause(対面条項)は、被告に対し、被告が証人に対面し反対尋問する権利を保障する。
また、Compulsory Process Clause強制条項は、被告に、「弁護する証人を呼ぶ権利」を保障しており、ときには、「その証人に対し証言を強制できる権利」を保障している。
Assistance of Counsel Clause(弁護人条項)は、刑事被告人に対し、弁護士の代理人を立てる権利を保障している。
ギデオン対ウェインライト裁判およびその後の裁判で、最高裁判所は、「全ての裁判において、投獄の可能性に直面しているが弁護士を雇う余裕のない刑事被告人に対し、公選弁護人がつけられるべきだ」と言う判決を出した。

本文
すべての刑事上の訴追において、被告人は、犯罪が起きた州の地区において、その地区のあらかじめ法律で割り当てられた地域の陪審員による迅速かつ公開された裁判を受ける権利がある。
被告人は、訴追の性質と理由について知らされる権利がある。
被告人は、被告人に不利な証人との対面し反対尋問をする権利を持つ。
被告人は、被告人に有利な証人を得るために強制的手続きを利用する権利を持つ。
被告人は、被告人を弁護するために、弁護士の援助を受ける権利を持つ。