IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

アメリカ合衆国憲法修正第14条

アメリカ合衆国憲法修正第14条

アメリカ合衆国憲法修正第14条

[1]
[Wikipedia]
アメリカ合衆国憲法修正第14条
https://en.wikipedia.org/wiki/Fourteenth_Amendment_to_the_United_States_Constitution
アメリカ合衆国憲法修正第14条は、1868年7月9日に、リコンストラクション条項の一つとして成立した。
今日では最も重大な憲法修正上条項であることは間違いないだろう。"市民の権利"および"法は平等に保護するものであること"を規定している。
米国南北戦争の結果自由となられたかたがたに関連する問題に対応して提案された、憲法修正条項である。
この憲法修正条項は、とりわけ南北戦争で敗北した南軍を構成していた州により、激しい異議が唱えられた条項である。
南北戦争で敗北した南軍を構成していた州は、米国議会に再び参加するには、この条項を批准することが条件とされた。
この条のとりわけ第1節は、米国憲法において最も訴訟に持ち込まれたことが多い部分の一つでありランドマーク名判決を構成している。
例えば、人種差別に関する1954年のブラウン対教育委員会裁判判決(Brown v. Board of Education)、中絶に関する1973年のロー対ウェイド事件、2000年の大統領選挙に関するブッシュ対ゴアの裁判、2015年の同性婚に関するオーバーグフェル対ホッジス裁判などである。
この憲法修正第14条は、全ての州および地方公務員の行動を制限するものである。公務員の代わりに活動する場合も含む。
この憲法修正第14条の第1節には、市民権の項、合衆国の市民の特権 または免除に関する項、適正な法手続き条項、平等保護条項、が含まれる。

市民権の項は、市民権についての広範な定義を与えている。アフリカ系アメリカ人の方が市民になれないとしていた「ドレッド・スコット対サンフォード事件」の判決を無効なものとした。

適正な法手続き条項は、州政府および地方自治体が、適正な法的手続き無しに、市民の声明・自由・財産を奪うことを禁じている。
最高裁判所は、この項を利用し、米国憲法の人権規定が連邦政府のみならず州政府にも適用可能であると判断した。
また最高裁判所は、この項が、州法が満たすべき実体法および手続法であると判断した。

平等保護条項は、各州が、その司法権下にある、非市民も含む全ての人々に平等な保護を提供すつことを義務付けている。
この項は、種々の集団に属する人々に対する、非合理的で不必要な差別を禁止する決定の基礎となっている。

1. 本文
第1節 
合衆国において出生し、またはこれに帰化し、その司法権に服するすべての者は、合衆国およびその居住する州の市民である。
いかなる州も合衆国市民の特権または免除を制限する法をつくりあるいは強制してはならない。
いかなる州も、法の適正な手続きなしに、何人からも生命、自由または財産を奪ってはならない。
その司法権の範囲内にある何人に対しても法の平等保護を否定してはならない。

第2節 
下院議員は、各々の州の人口に比例して各州の間に配分される。各州の人口は、納税義務のないネイティブアメリカンの方を除き、すべての者を算入する。
しかし、、アメリカ合衆国大統領及び副大統領の選挙人の選出・アメリカ合衆国下院議員・州の行政と司法の役人・州議会議員の選挙において、
米国市民である21歳以上の男子が、反乱その他の犯罪に加担したという以外の理由で、選挙権が否定されあるいはいかなる形であれ制限されることがあった場合、
その州への下院議員割り振りの数は、その州の21歳以上の男性市民全体の人口から選挙権を否定または制限された人を減じた人口に比例して減じられるものとする。 

第3節 
アメリカ合衆国議会議員・国の機関の役人・州議会議員・州の行政あるいは司法の役人として、アメリカ合衆国憲法を支持することを以前に誓った者が、
それらに対する反乱に加わったりあるいはその敵に対して援助や同調した場合、
その者は、アメリカ合衆国下院または上院議員・大統領および副大統領の選挙人・あるいは国または州の公的、軍事的役職に就くことはできない。
ただし、アメリカ合衆国議会が各院の議席の3分の2以上で決した場合は、その禁止規定を排除することもできる。 

第4節 
法によって認められたアメリカ合衆国の公債の有効性について、暴動や反乱の鎮圧に従事した者に対する恩給や補助金の支払いに要する負債を含め、問題にされることはない。 
ただし、アメリカ合衆国も如何なる州も、アメリカ合衆国に対する暴動や反乱の援助に要した負債や損害賠償、あるいは奴隷の損失または解放に対する補償要求にたいして支払義務は無い。
そのような負債、損害賠償および補償要求は違法であり無効である。 

第5節 
アメリカ合衆国議会は適切な立法により本修正第14条の条項を施行する権限を有する。 

2. 採用
2.1 議会による提案
南北戦争の最終年およびその後に続いたれコンストラクションの時代に、議会は、アフリカ系米国人の権利について議論していた。
アフリカ系米国人のかたがたは、1863年奴隷解放宣言および1865年の憲法修正第13条により自由を得ていた。
しかしながら、議会による憲法修正第13条通過後、民主党が優勢な南部諸州の代表が議会で増大することに、共和党は懸念を抱くようになった。
以前は妥協条項により、5分の3しかカウントされなかった奴隷の方々も、今では自由となられ、議会で議席数を各州に割り振るときに人口としてカウントされることになったから、
下院議員の選出は人口に基づいて定数が割り振られることもあり、
今や、南部諸州は劇的に力をつけていたのだ。
しかし、このことは、以前奴隷で今自由になられたかたがたに投票する権利が保障されているかどうかは考慮されていないのだ。

以前奴隷だった方々の投票する権利を守り票田とするために、あるいは、少なくとも、投票券が剥奪されることがないように、共和党はこの不利な現状を回避する方法を捜し求めた。
1865年に、後に「Civil Rights Act of 1866」となる法案を通過させた。
これは、「人種・肌の色・以前奴隷だったかどうか・以前非自発的な隷属状態にあったかどうか」に関係なく、市民権を保証するものであった。

穏健派がこの法案にサインするように強く大統領に迫ったが、大統領アンドリュージョンソンは、1866年3月27日に拒否権を使用した。
3週間後に、ジョンソンの拒否権は議会で引っくり返され、この法案は成立した。
この勝利にもかかわらず、Civil Rights Actの目標を支持した共和党員の中には、
議会が本当にこれらの目標を達成するための憲法的な力を得ることができるかどうか、
不安視するものもいた。

また、この勝利を経験したことにより、
「現在議会で多数派だ」という一時的な政治力に依存するよりも、
「黒人の方の権利を、憲法で保障しよう」と考える、
急進派共和党および穏健派共和党の双方を勇気付けることとなった。

急進派共和党は、アフリカ系の方の市民権を保証できたことには満足したが、この憲法修正条項がアフリカ系の方の政治的権利、特に投票する権利、を保障していないことに落胆していた。

2.2 各州による批准
1866年6月16日、国務長官William Seward は、州知事たちが署名するようにと、いくつかの州へ憲法修正第14条を発送した。
しかし元南軍だった全ての州では、テネシー州を除き、州議会が憲法修正第14条を批准することを拒否した。
この拒否を受けて、「Reconstruction Acts」法案が議会を通過することとなった。
これらの州では、新たな市民政府が誕生し憲法修正第14条を批准するまでは、現在の州政府を無視し、軍政が敷かれることになったのだ。

さらにもう一つの法案が1867年3月2日に議会を通過した。
この法案は、
「元南軍だった諸州が、議会で再びメンバーとして認められ受け入れられることとなる前に、憲法修正第14条を批准すること」
を要求するものであった。