IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

アメリカ合衆国憲法修正第24条

アメリカ合衆国憲法修正第24条


アメリカ合衆国憲法修正第24条


[1]
[Wikipedia]
憲法修正第24条
https://en.wikipedia.org/wiki/Twenty-fourth_Amendment_to_the_United_States_Constitution
憲法修正第24条は、連邦議会および州の双方に対し連邦政府の選挙で、投票する権利に関し、「選挙権行使には人頭税およびその他の税を払うことが必要」という条件付けをすることを禁じている。

南北戦争後に、北部の奴隷解放宣言の精神を反映した憲法修正13・14・15条が制定されたが、
それから数十年して再び民主党が州議会で勢力を回復すると、
アフリカ系アメリカ人および貧しい白人の選挙権を奪うために、、
南北戦争で南部を構成していた南部の諸州では、19世紀末に法律を制定しさらに1890年から1908年に勝手にnew constitutionsを制定し、それらの中で、人頭税を採用した。

1937年のBreedlove v. Suttlesの最高裁の判決では、州政府が人頭税を課すことは合憲と判断していた。

1964年に憲法修正第24条が批准されたとき、5つの州がまだ人頭税を課していた。その5つの州とは、アラバマ州アーカンソー州ミシシッピ州テキサス州バージニア州である。
憲法修正第24条は「連邦政府が選挙にあたり、選挙権がほしければ人頭税を払うよう要求すること」を禁じた。
しかし、米国の全てのレベルの選挙において人頭税違憲となったのは、1966年のHarper v. Virginia Board of Electionsまで待たされた。
この判決では、米国最高裁判所が、6対3の判決で、人頭税違憲とした。
この判決では、「いかなるレベルの選挙における人頭税も、米国憲法修正14条の平等を保護する規定の節に反していて、違憲だ」と判断した。


[Wikipedia]
Harper v. Virginia State Board of Elections
https://en.wikipedia.org/wiki/Harper_v._Virginia_State_Board_of_Elections
首席裁判官 アールウォーレン

Harper v. Virginia Board of Elections, 383 U.S. 663 (1966)(ハーバー対ヴァージニア選挙委員会事件US663判決の383ページ)は、 
米国最高裁判所が、「バージニア州人頭税は、米国憲法修正14条の平等を保護する規定の節に反していて、違憲だ」と判断した判決である。

19世紀末および20世紀初めに、南部11州では、アフリカ系の方および貧しい白人の方から選挙権剥奪をするための手段として、人頭税を課していた。
憲法修正第24条(1964)は、連邦政府の選挙に関して人頭税を課すことを禁じている:その後も5つの州が州レベルの選挙で人頭税を課し続けた。


[Wikipedia]
Breedlove v. Suttles
https://en.wikipedia.org/wiki/Breedlove_v._Suttles
Breedlove v. Suttles, 302 U.S. 277 (1937)(ブエリードラブ対サツルズ判決US277判決の302ページ)は、のちに否定されひっくり返された最高裁判所の判決である。
この1937年の判決では、「人頭税を払わなければ、州の選挙に投票する権利を停止される」というやり方を合憲であると判断していた。
この判決が後に否定されたのである。