IbrahimCongoOmar’s blog

Black Lives Matter! I love political correctness.

民主主義とは一人一票の原則

民主主義とは一人一票の原則

民主主義とは一人一票の原則


[1]
[バーニーサンダース]June 14. 2016
https://www.facebook.com/berniesanders/
https://www.facebook.com/berniesanders/videos/1068305959891074/
以下のことをしっかりと対策すべきだ
1) 民主党の現在の指導部を入れ替えるべきだ。市民を政治活動に取り込む活動を精力的にサポートできる人が必要だ。
2) スーパーデリゲートな選挙制度を廃止すべきだ。民主党には、400名のスーパーデリゲートと呼ばれる特殊な存在がいる。
彼ら400名は選挙前に誰に投票するか選挙民に関係なく決まっているのだ。こんな制度は馬鹿げている。
3) ニューヨーク州の300万人の市民が、民主党の代表を決定する選挙に参加できない。こんな事態が許されていることが理解できない。
民主党内部で、真の改革が必要である。民主党内で大統領候補を決定するアメリカ合衆国大統領予備選挙を、開かれたものにする必要があるのだ。


[2]
[Wikipedia]
スーパーデリゲート
https://en.wikipedia.org/wiki/Superdelegate
米国の政治において、「スーパーデリゲート」とは米国民主党の代議員・代表者と言う意味であり、自動的にポストが保障されており、誰に投票するかをも勝手に決められる人たちのことである。
米国民主党スーパーデリゲートは、「著名な党の代表者」や「選挙で選ばれた役職者」などを含んでおり、上院の民主党議員全員・下院の民主党議員全員・民主党の現職知事全員が含まれている。
スーパーデリゲートは投票したい相手が誰であれ投票できるため、大統領予備選挙において、有権者の支持を得ていない大統領候補に投票し、選挙結果をひっくり返してしまうことが可能なのだ。
2018年8月25日に、米民主党は「スーパーデリゲート」の影響力を下げることに合意した。民主党予備選挙において「スーパーデリゲート」が第1回投票では投票できないようにした。一般投票の選挙で勝ち残った候補者にしか投票できないようにした。
共和党においては、少なくとも名目上は、「スーパーデリゲート」な制度は採用されていない。
自動的にポストを得られるデリゲート代表者は共和党にも存在するが、各州で3人までに制限されている。その3人は、各州の責任者および各州の2名のメンバーからなる。
共和党の「スーパーデリゲート」は、各州にある党の支部のルールにのっとり、各州で最も得票数が多かった代表に自動的に投票することになっている。


[3]
[Wikipedia]
自然権および法的権利
https://en.wikipedia.org/wiki/Natural_and_legal_rights
歴史
アメリカ合衆国独立宣言は、「全ての人間は・・・創造主により決して奪われることのない権利を与えられている」ことを自明のこととしている。
独立宣言にサインした人々は、「全ての人間は創造主により決して奪われることのない権利を与えられている」ことを自明のこととしている。